グリーフワークについて

人は死別などによって愛する人を失うと、大きな悲しみである「悲嘆(GRIEF)」を感じ、その死に対して、衝撃を受ける人、その事実を認めない人、自分が制御できずパニック状態に陥る人、気丈に振る舞い立ち直ろうとする人など、長い間特別な精神の状態の変化を経ていきます。遺族が体験し、乗り越えなければいけないこの悲嘆の過程「作業(ワーク)」を、「グリーフワーク」、(直訳すると「悲しむ作業」)と言います。

この悲嘆の状態は、心が大怪我をしたような状態ですが、自然に治癒の方向に向かいます。遺族はやがて、故人のいない環境に適応して、新しい心理的・人間的・社会経済的関係を作っていきます。「グリーフワーク」を経ることで、人は人間的に成長するのです。

この「グリーフワーク」の過程を支えて見守ることが「グリーフケア」です。 悲嘆は、愛する者を失った人が体験する正常な反応であり、誰もが「グリーフワーク」の過程を歩みます。

「グリーフケア」は、人が正常な「グリーフワーク」を歩むようにサポートすることです。

人は一人では生きてはいけません。悲しく辛い時こそ、誰かに話すことで、同じ悲しみを経験している人と関わることで癒されます。 

当社では、社員全員でグリーフワークについて勉強し、グリーフケアを意識した接客や葬儀(ご遺族に心の満足を与えるような葬儀演出)を常に心掛けております。また、当社のテーマであります「癒し」をご遺族の皆様に、ご提供できるよう努めております。


監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。