相続税の計算(その2)

相続税の計算は「課税価格の計算」、「相続税の総額の計算」、「各人ごとの納付すべき税額の計算」の3段階に分かれています。


相続税の総額の計算とは?


次の流れで計算します。
☆ 「課税価格の合計額」= 各人の課税価格の合計
☆ 「課税遺産の総額」= 課税価格の合計額 - 基礎控除額

→ 基礎控除額・・・5000万円+1000万円×法定相続人の数
*相続放棄者があっても、放棄しなかったものとして計算する。
*養子の特例計算あり
*「代襲相続人」であり、かつ養子となっている者は、1人と数える。

「相続税の総額」は、課税遺産総額を法定相続分で按分して「法定相続分に応ずる取得金額」を算出し、これに税率を乗じて計算した額の合計となります。


平成15年以降の相続税速算表 


法定相続分に応ずる取得金額 率(%) 控除額(千円)
1000万円以下 10 -
3000万円以下 15 500
5000万円以下 20 2,000
1億円以下 30 7,000
3億円以下 40 17,000
3億円超 50 47,000

→ 分け方や放棄者の有無で、相続税の総額が変わることはありません。

監修:中野会計事務所
相続・葬儀無料相談

相続税について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

相続にまつわる税の問題は、実は税務だけでは終わらないケースが多いです。税務と法律・法務手続きを一体としてとらえ、合理的でスムーズかつ明朗会計での相続・遺産整理手続きを実現いたします。

税務に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。なお、お問合せに対する回答は、当事務所の税理士ネットワークを元に信頼できる税理士から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。