健康保険

日本国民は、下記①~③のいずれかの健康保険制度(医療保険制度)に加入しています。
①健康保険(会社員が加入;協会けんぽ(全国健康保険協会)など)
②国民健康保険(自営業者などが加入)
③後期高齢者医療制度(働いていない75歳以上の方が加入)

相続が発生した場合、死亡の日の翌日から被保険者の資格を喪失し被保険者証は使えなくなりますが、死亡による資格喪失の手続きをする必要があります。

健康保険の資格喪失手続き


企業等に勤務している方は、協会けんぽ等の健康保険に加入していますが、死亡した場合、勤務先(雇用主)は、資格喪届失を5日以内に年金事務所(日本年金機構)に届け出なければなりません。
被保険証は、遺族から勤務先を経由して協会けんぽに返納します。

国民健康保険又は後期高齢者医療制度の資格喪失手続き


自営業者などは国民健康保険に加入しています。
また、働いていない方で75歳以上の方は、後期高齢者医療制度に加入しています。
これらの方が死亡した場合、死亡から14日以内に市町村役場に届け出て、被保険者証も返納しなければなりません。


健康保険に関する重要ポイント


★提出期限:会社の健康保険なら5日以内
      国民健康保険又は後期高齢者医療制度なら14日以内
★提出先:会社の健康保険なら年金事務所(勤務先が代行することが一般的)
     国民健康保険又は後期高齢者医療制度なら故人が住んでいた市区町村の役場
★提出の際に用意するもの:資格喪失届、被保険者証、死亡を証明する書類(死亡届・戸籍謄本)、認印


相続・葬儀無料相談

相続後の諸手続について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

相続事務は、一般の方にはなじみが薄く大変煩雑な手続きです。頭を抱える前に、相続事務手続きの専門家・司法書士の宮田にお気軽にご相談下さい。

お忙しい貴方に代わって、相続事務の代行もいたします。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。