生命保険

被相続人が生命保険の被保険者であった場合、その死亡保険金を受け取るためには、「死亡保険金請求書」を保険会社に提出しなければなりません。
死亡保険金請求書は、保険証券番号、被保険者氏名、死因、死亡年月日等を保険会社に連絡すると、保険会社から送られてきます。
請求書に必要事項を記入し、指定書類を添付して、死亡後2ヶ月以内(3年で時効にかかります)に、契約先の各生命保険会社に提出します。

請求に際して、
①保険証券
②保険料領収書(最終分)
③死亡診断書
④被保険者の戸籍謄本
⑤保険金受取人各々の戸籍謄本
⑥保険金受取人各々の印鑑証明書
⑦契約印
等が必要となりますが、受取人や保険会社によって必要書類も異なってきますので、請求の際には各契約保険会社にお問い合わせください。

相続・葬儀無料相談

相続後の諸手続について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

相続事務は、一般の方にはなじみが薄く大変煩雑な手続きです。頭を抱える前に、相続事務手続きの専門家・司法書士の宮田にお気軽にご相談下さい。

お忙しい貴方に代わって、相続事務の代行もいたします。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。