任意後見契約の変更・解除 【任意後見】

任意後見契約のうち、代理権にかかわるもの、すなわち①代理権の範囲の変更 ②第三者の同意・承認を必要とする特約の追加・廃止 ③複数任意後見人の権限共同行使の定めの追加・廃止 は、契約の変更によってすることはできません。つまり、上記①~③の変更をするには、一旦契約を解除したうえで、新たに任意後見契約を締結し直すしかありません。
なお、代理権の追加に限っては、追加部分だけ新しい契約をすることもできます。新たな契約については、はじめから登記、任意後見監督人選任の手続をする必要があります。
これに対して、代理権にかかわらない部分、例えば報酬額などについては、公正証書によれば変更契約をすることができます。

任意後見契約の解除は、任意後見監督人選任(任意後見契約の発効)前であれば、公証人の認証ある書面によってすることができます。合意解除であれば、その合意書に認証を受け、それ以外の場合には、解除通知書に認証を受けて相手方に送付します。
任意後見監督人選任(任意後見契約の発効)後であれば、正当事由がある場合に限り家庭裁判所の許可により解除が可能です。たとえ、任意後見人に債務不履行があって契約を解除したい場合でも、家庭裁判所の許可は必要になります。家庭裁判所の許可を受けた場合でも、別途相手方に解除通知書を送付する必要があります。なお、本人に判断能力がない場合には、契約解除できませんので、家庭裁判所による解任の手続を踏むことが必要になります。
解除により任意後見契約が終了した場合には、自分でその登記手続をしなければなりません。登記申請には添付書類として、解除の事実を証明する資料が必要ですから、解除通知は内容証明郵便で出すことが必要です。


相続・葬儀無料相談

相続後の諸手続について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”や認知症の高齢者が認知症の高齢者を見守る“認認後見”の悩みは深刻な問題です。また、年老いた親を取り巻く家族・親族間のトラブルも多いです。

成年後見や高齢者・障害者の財産管理に関するご相談は、(社)成年後見センター・リーガルサポートの会員であり、成年後見人業務の経験・実績が豊富な司法書士の宮田にお任せ下さい。若い司法書士がながーいお付き合いをお約束します。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続葬儀トピックス:財産管理・成年後見

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。