預貯金の管理 【法定後見】


後見人の職務である財産管理とは、被後見人の財産を適正に管理することであり、具体的には、①印鑑や貯金通帳の保管・管理、②不動産の維持・管理、③保険金や年金などの受領、④介護サービス等の締結、⑤必要な経費の支出、⑥生活資金捻出のための動産及び不動産の処分、など広範囲に及びます。
この中で、①にある預貯金の管理には特に注意が必要です。

被後見人の預貯金については、基本的に次のことに注意してください。
① 被後見人の名義で管理すること。
② 預貯金の口座は、管理しやすいようにできる限り整理すること。
③ 安全確実な運用に心がけること。

預金口座については、その名義を後見人自身や第三者の名義にすることは許されません。原則として、預貯金の名義は「成年被後見人○○○○ 成年後見人△△△△」としなければなりません。
このような口座をつくるためには、「成年後見に係る登記事項証明書」(全国の法務局又は地方法務局で発行)や「後見人選任の審判書謄本」(後見人選任後に裁判所から送付される)などの書類が必要になります(金融機関によって取扱いが異なりますので、詳しいことは各金融機関にお問い合せください)。

残高の少ない口座が多数あるような場合には、管理が煩雑になり、どうしても過誤が多くなり、後見監督の際には全通帳のコピーを提出することになりますので、非常に労力を要します。したがって、小口の口座については、ペイオフ等を考慮しながら、できる限りまとめて管理することになります。

被後見人の財産管理は、安全確実であることが基本であり、投機的な運用は絶対に避けてください。「利回りが良い」といって、被後見人の預貯金を用いて株や元本割れの危険性のある金融商品等を購入することは許されません。
万が一、損害が発生した場合は、当然ながら後見人に弁済していただくことになりますし、後見人を解任される可能性もあります。
被後見人の預貯金が、①預金保険制度の保護の対象から外れていないかどうか、②その金融機関の破綻危険性が高くないか、などについて十分に確認して、場合によっては他の口座に移し換えるなどの必要があります。

相続・葬儀無料相談

相続後の諸手続について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”や認知症の高齢者が認知症の高齢者を見守る“認認後見”の悩みは深刻な問題です。また、年老いた親を取り巻く家族・親族間のトラブルも多いです。

成年後見や高齢者・障害者の財産管理に関するご相談は、(社)成年後見センター・リーガルサポートの会員であり、成年後見人業務の経験・実績が豊富な司法書士の宮田にお任せ下さい。若い司法書士がながーいお付き合いをお約束します。

宮田総合法務事務所では無料法律相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続葬儀トピックス:財産管理・成年後見

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。