葬儀費用の兄弟の分担率

現在では、ご遺族様の話し合いで決める方が多く、兄弟の分担率に関して絶対と言う決まりはありません。

旧民法では、家制度や、家長制度が規定されており、長男が財産を全て相続するかわりに、葬儀費用や墓地、仏壇などは、長男が負担するのが当たり前のようでした。

しかし、現在の民法では子供は横並びに皆が平等です。よって、子供全員に負担する義務があると考えても良いと思われます。

ただ、今でも私たちの中には旧民法の考え方がひとつの慣習として残っていますので、一概にも割り切れない部分もあるかと思いますので、話し合いで決めるのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

監修:株式会社A'ZUMA 東葬祭
相続・葬儀無料相談

葬儀について司法書士・宮田浩志からのメッセージ

葬儀や法事等に関する無料法律相談を承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

なお、お問合せに対する回答は、当事務所の葬儀社ネットワークを元に信頼できる葬儀社から直接回答を差し上げますのでご安心ください。

また、お急ぎの方は0422-23-6040までご連絡下さい。

相続・葬儀トピックスカテゴリー



相続・葬儀トピックスでご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。